広島県立美術館へ おでかけ

P1220368.jpg
P1220367.jpg

1907年に設立された『英国ウェールズ国立美術館』所蔵の
コレクションより19世紀~20世紀初頭にかけて
英仏で活躍した画家たちによる
70点あまりの作品を 娘たちと鑑賞してきました


ウェールズ地方は過去に何度か訪れましたが
こちらの美術館は行っていないので 今回はチャンスでした



モネ印象派として作風を確立する数年前に
イギリスを代表するターナーの作品に触れ 
その風景表現に感嘆したそうです


第1章   ロマン主義
第2章   リアリズム
第3章   パリのサロンとロンドンのロイヤルアカデミー
第4章   印象派
第5章   ポスト印象派とその後

5つの構成順路で 
画家たちの絵画史の流れに触れる事ができました

また 説明の下に丁寧な補足があり
うっかり見逃してしまうポイントや着眼点に気付かされ
自分寄りの見方でない鑑賞ができてとてもよかったです



IMG_5006[1]_LI (3)

IMG_5003[1]_LI





美術館 3階から『縮景園』の眺め
桜は大半散っていましたが 
ピンクのじゅうたんがとても美しかったです


私は午後の新幹線でゆっくり出発し 広島で娘たちと合流

短い滞在時間ではありましたが 素晴らしい絵画と出会え
充足した時を過ごす事ができました


IMG_4997[1]



Tomorrow will be better. See you soon.





「いらっしゃいませ」

カートSHOP は  こちらからお入り下さい
 



イヴリンのお裁縫小箱
(いつもありがとうございます。  ただ今 商品はございません。)






↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1

(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは♪
お嬢さまがたと美術鑑賞をされたのですね♪優雅なひと時をともにすごされて、幸せ親子の幸せオーラが伝わってきました~。
たまには私も娘を連れて美術館にでも行きたいなって思いました♪

↓ウィンダミア地方、いつか行ってみたいと思っていたんです。
ピーターラビットの挿絵の風景がいまだに残っているときいています。

ゆー2010さんへ

v-1コメントありがとうございます♪

ゆーさんもぜひお嬢さまと美術館めぐりをなさってみて下さい。
若い感性が多方面に磨かれていくと思います(^^)
コンスタブルの描く田園風景の場所が現存すると聞いています。
ツアーもあるとか・・・ いつか訪れるのは夢また夢です。
ロンドンのテート美術館も候補です。

ウィンダミア湖水地方、ピーターラピットの挿絵そのままです!♡
ポターの野菜畑も、今にもピーターやマクレガーさんが
出て来そうです♪
ただ、私の行った5月・6月は観光客が多く(私も含め 苦笑)
ビアトリクス・ポターの住居への当日入場は長蛇の順番待ち
でした。(予約がとれるのかもしれません)
夏休みに入ると更に多いのでしょうか・・・
ウィンダミアクルーズもぜひおススメです。
シーズンをずらして行かれるとよいかもしれませんね。
万年、イギリス片想いの私です(溜息 笑)

タナボタ?

evelynさま、広島ではいい企画の絵画展があったんですね。
先日、駅前の変わりようを見物に行って縮景園辺りも歩いたので
すが、美術館には気が付きませんで、タナモネの展示知りませんで
惜しいことしました。(ノД`)・゜・。
ターナーの精密画モネの筆致どちらも大好きです。
しかし、それもさることながら、縮景園の桜の眺めもいいですねぇ!

トトさんへ

v-1コメントありがとうございます♪
広美でのタナモネ展、本当に惜しいことでしたね・・・
5月28日まで開催していますが・・・行けるとよいですね。

私たちはウェブレポーター参加枠で入館。(17時から19時迄)
さぞや大勢のレポーターが集結かと思いきや、以外や以外に
小人数でびっくり! 
おかげで、タナモネを独り占め(*^^)vでゆったりと贅沢な時を
過ごさせて頂いたのです。
(岡美でもウェブレポーターの企画があればいいと思いました。
あるのでしょうか?)

縮景園の桜吹雪の眺めにも見入っていました♪

広島駅前の様変わりに迷子になりかけましたよ~(笑)



sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle