小鳥のシンブルケース( リバティ)

酉年にちなんででもないのですが、、、
の「小物」が作りたくなって ♡


P1220036_Ink_LI.jpg

P1220038_Ink_LI.jpg

↓ 初めは前後とも羽根の周りにスパンコールを縫いつけていましたが
出来上がりは 何だか キラキラしすぎるのと 
せっかくのリバティ柄が消えてしまうので・・・
結局すべて取り外しました 
刺繍糸は「絹穴糸」で


P1220033_Ink_LI.jpg

このように 『シンブル』が2個入ります
入れ口にはアンティークレース・・

P1220043_Ink_LI.jpg

今後のちくちくタイムは この小鳥がちょこんとevelynの傍にいます♪

この小鳥さん 『ブローチ』に進化してもいいかな♡

(小鳥モチーフ参考作品/2011 パッチワーク通信NO.165より
アレンジしました)



Tomorrow will be better. See you soon.





「いらっしゃいませ」

カートSHOP は  こちらからお入り下さい
(ただ今 商品はございません)
 




イヴリンのお裁縫小箱





↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1

(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 


スポンサーサイト

テーマ : ヴィクトリアンな小物作り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

かわいいーー!!

今日は楽しかったです!
また次回は必ずリボン刺繍を教えてくださいねーー(o^^o)
小鳥さんもすごく可愛かったー!
シンブルケースだなんて、考えたこともなかったー。
こうして道具たちも大事にしてあげたらいい作品もできそうだわ!
わたしもなんか作ってみようっと!!(o^^o)

く~さんへ

v-1コメントありがとうございます♪

昨日はお疲れさまでした!

く~さん、リボン刺繍ぜひやってみましょう~🎀

いつも使うシンブル2つ、大抵ひとつは裁縫箱のどこかに
隠れんぼ、、、(^-^;
これで、探さなくてすむようになりました。
く~さんも何かアイデアひらめきましたか~
sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle