白昼の惨劇

今週月曜日の午前中にその惨劇はおこりました。

母の忘れ形見のミーコ。
ずいぶんと慣れてくれた様に思い込んでいました。
少し私の気がゆるみミーコを初めてケージから脱走させてしまいました。
我が家の床に足を下ろすと、ためらうことなく
堂々と部屋を探検するではありませんか。
私の足元にすり寄って来たり絨毯の上でごろんごろん。うふ
床の上でまったりのびのび運動や屈伸したり。
(「今まで狭かったね~、ついでにゆっくりまったりせられ~」)

1時間ほど遊ばせて、私がふと掃除機を持った途端に突然惨劇が!!!!
いきなり私の右腕に飛び掛かかったと同時に「がぶり」!!!!!
瞬間、何が起きたか信じられず・・・
引き離そうとすればするほど何度もジャンプして私に襲い掛かって来たのでした。

鋭い牙が腕に何度も食い込み、服と床は血だらけの惨状。

救急での処置は大変でした。
医師も看護士さんも驚くほどの多数の咬み傷。
治療のための麻酔を2本、破傷風、抗生剤と次から次へと痛いメニュー。
腱に達する所が2箇所、合計5箇所縫合。
化膿すると手術になり将来指がマヒすることも・・・・・脅かさないで~ドクター。
その予防に縫合部分を全部縫わず細い細いパイプを外に出しています。
(膿みをためない為)
全治2週間。
昨日は高熱もでました。

その後の加害猫の様子は?
したたかです。
何事もなかったように媚び売ってます。(私、怒り口調)

当然、ミーコに罪はないわけです。
掃除機が脅威だったのでパニックになったのでしょうね。

しかし、天国のお母さん、これには何か意味があるのですか?
今一番問いたい私です。P1080100_convert_20080716162248.jpg


以上のような顛末が週明けから起こりまして、
長らくお約束を待っていただいていますaさん、
「惜しかったで賞」を受賞された7番さん、気持ちばかりのプレの
発送が遅れますことご了承くださいませ。

またちくちくレッスンに支障をきたしました事お詫び申し上げます。

負傷3日目、はじめてのパソコン。
ピアノタッチで左指を広げまくってマス。
お針を持てるまでには・・・・・・・長い・・・・・・涙
スポンサーサイト

テーマ : ヴィクトリアンな小物作り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

大変でしたね。

何かあったのでは?・・・と、軽く思っていたのですが、猫にガブリとは想像もつきませんでした。
飼い犬に噛まれるとか、猫に引っかかれることは聞くけど、猫に何度もかまれるなんて驚きです。
そういえば、我が家の気性の荒い猫が留守中に餌やりに来てくれた母の親指を突然ガブリしたことがあります。
大きな穴が開いて、血がダラリだったようです。

どうぞ、お大事になさってくだい。
キーボードをたたくのも大変だと思いますので、コメントの返信は無用ですからね。

一報をお聞きした時はびっくりしました。最近はミーコもすっかり落ち着いて慣れてきたと思っていたので…。掃除機に何かトラウマがあったのでしょうか?

暑い時期だからキズが化膿しなければいいですね。それにしても痛い思いを沢山されて可哀想…早く良くなって下さいね。

ミーコ、そのまま家出したのかと思っていましたが、いるんですね…一安心です

くれぐれも、お大事に。。。

コメントを読んで、その時の惨状が目に浮かんで、
本当に怖くて痛かっただろうな~~って
気の毒で、可哀そうで。。。

小さい時に犬に噛まれて、未だにペットが苦手な私は
そう思ってしまいました。

その猫ちゃんには悪気は無かったのかもしれませんが
イヴリンさんには大変な災難でしたね。
本当に可哀そう。。。

最近、包丁で指を切り、もう少しで指を切断しそうになり
3針縫った私は、その時の状況を思い出してしまいました。
イヴリンさんに比べたら、全然大したことはないですが
本当に痛くて辛かった事でしょう。

とっても可哀そう。。。
ゆっくりと、お体を休めて、
くれぐれも、お大事になさって下さい。


どうぞお大事に!!

イヴリンさん、びっくりしました。
本当にお気の毒な事でした。

この暑さの中、お風呂や朝の洗顔又、お料理、お掃除等全ての事が不便で辛いですね。
お針が持てないのも寂しい事と思います。

早く良くなりますよう~、完治しますよう~に!!!

 頑張ってね!!! 

ご心配おかけします

v-1sepiaさん、GOさん、ユーさんありがとうございます!
ユーさんも間一髪だったなんて!
不幸中の幸いでしたね!

皆さんの暖かいお見舞いの言葉、励まし、
ブルーな気持ちになりがちな私にとっては宝物の言葉です。
焦らずゆっくりと養生しますね。

ご心配おかけします

v-1akkoさん宝物の言葉、ありがとう!
この不便さと痛みは何かする度に実感しています。
車の運転が出来ないので病院までの通院も難儀ですね。
若いから???きっと細胞の再生も早いことを我ながら祈りますよ。

ダ・・大丈夫ですか??

我がブログにコメントくださったのは… いつの事だったのか??
お元気だとばかり思っていました。
すごく大変なことがあったのですね e-473

旅行から帰ってからで 良かったですね! 
でも とにかく暑い時期なので 化膿したら大変です。 
それでも 素敵な先生の処置もイヴリンさんの生活態度も 良かったのでしょうね。 
ホット一安心です。

昨年 蜂に刺されたのを思い出しました e-286
小さな 蜂のなのに… それ以来 蜂がとっても怖くなりました。
ミーコちゃんは 何が気に入らなかったのかしら??
猫になって 聞いてみたいですね。 
ミーコにも何かトラウマがあるのかもしれませんね… 
ミーコにとっても・・命がけだったのでしょうね。。

イヴリンさんの製作モード全開と言う事で 
ほぼ 普通の暮らしができるようになっているのかしら??
無理はなされませぬように!  
ゆっくりと素敵な作品作ってくださいね!
 
sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle