ウィリアム・モリスに魅せられて Ⅱ

ここのところ  拙ブログ、、、
開示に 30秒以上かかるのは 何故 ?
(アイフォン アプリ使用の写真のせいかな~ ?)

画素数が大きい画像は 縮小または削除してみましたが、、、
どなたかお詳しい方がいらしたら ご教示お願いしたいです ^^; 


IMG_2607+cooooo_convert_20151029234623.jpg

↑ 「BRER RABBIT」(ブレア ラビット)のパターン
(張りのあるリネン)  うさぎ わかりますか ? 

↓ クッション生地のあまり布 「ウィロー ボウ」 

MMMMMM.jpg


「アーツ&クラフツ運動」 の先駆者として

その思想とデザインで世界に影響をあたえて知られる
ウィリアム・モリス
(モリスの事は  過去ブログの
カテゴリ/「インテリア」にも 少し書いています)


その活躍期は 私の最も 興味あるヴィクトリア女王治世の 
「ヴィクトリア朝」にありました


生涯の中で
モリスの結婚生活は幸福だったのかしら?
(妻ジェーンと画家ロセッティとの複雑な関係など)・・・と
モリスに要らぬ 私情を挟んだりもする evelynであります
 
 
その生涯の中で別荘として住んだ家の一つ (16世紀の建物)
ケルムスコットマナーを 訪問したことがあります

モリスはケルムスコットに住むより 
生活の基盤はロンドンにおいており
ロンドンでの生活が長かったのです

モリス自身の作品とジェーンとの共同作品
古くも 重厚感あふれる家具調度品と 融合されていて
感嘆するばかりだったのを記憶しています

中でも 圧巻だったのはベッドカバー !

モリスがデザインしジェーンが手刺繍したものでした ! 


日本でも 今 モリスブーム 
来年のキルフェスには モリスコーナーもあるようですね



モリスのテキスタイルは イギリス映画やドラマをよく観察していると
インテリアファブリックとして よく登場しています
(私の場合 ストーリーは勿論のこと
インテリアも重視しながら見てしまいます  笑)

現在 放送中の 「トミーとタペンス」の家には数種類の
壁紙やファブリックが見られますね
 キッチンの 愛らしい壁紙は 「デイジー」です

当時は モリスのデザインをインテリアに取り入れるのが
ステイタスとして 流行しました (特権階級の人々の中で)


このブログを書いていて、、、 そういえば、、
一昔前 デパートで 
母とモリスの洋服を購入したことを 思い出しました

↓ これら 3点です 
(虫干し よろしく クロゼットからひっぱり出しました 笑)
左が 「デイジー (スーツ)」    他はブラウスです

「V&A」ミュージアムライセンス  東京ブラウスの製品
現在はリバティシャツを販売していますね


FullSizeRender+mo_convert_20151102131430.jpg


イギリスとヴィクトリア朝を愛してやまないevelyn

そ   れ  に  しても

物持ちのよい evelynですね (笑)


追記/ 母が選んで着ていたもの  わかりますか ? ふふふ


長々  最後まで 読んでいただき ありがとうございました !
お好きなお茶を どうぞ~ 




 ♪You can meke it !   See you soon. ♪   



「いらっしゃいませ」

カートSHOP は  こちらからお入り下さい
 

イヴリンのお裁縫小箱







↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1

(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

evelyn さん、こんばんは^^
モリスのクッションもカフェ・カーテンも素敵です。
ウサギさん、分かりました^^
ウィロー ボウの壁紙のお部屋があるなんて、イギリスの邸宅みたいですねぇ。。
昔の西洋が舞台になっている映画やドラマは、インテリアやファッションも楽しめますよね^^
私も、アクセサリーとか、チェックします。

ブログの開示に時間がかかるのは、なぜでしょうねぇ?
私が evelyn さんのブログを拝見する時は、すぐに開きますが・・。

Arianeさんへ

v-1こんばんは~
コメントありがとうございます!

Arianeさんはどんなテキスタイルがお好みかしら・・。
西洋映画・ドラマのシーンはどうしても興味の対象物に
目がいきますね♪

ウィローボウの部屋・・・

>イギリスの邸宅みたいですねぇ。。
Arianeさん、、、あのーーーそのーーーーー
プライベートな一室には違いないのですが、、
実は。。。。。恥ずかしながら、   
ト   イ   レ、、、なんです (#^.^#) (苦笑)
本当に、邸宅の一室なら嬉しい !、、、^^;
(カテゴリ/インテリアに記しています)

私のブログのテンプレートは3カラムで
縦3分割なんですね。
ただ、右端のみ反映時間がかかるのです。
以前は3分割が一度に開示できてました。
その間(30秒~40秒)はサイドバーがくるくる
回っていて待機しなくてはならないの。
スマホからは正常に見えるのに、、ちょっとストレスです^_^;
早くこの問題を解消したいです。




sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle