神戸まで!

121222_123534AAA_convert_20121223004637.jpg


イギリス旅行へ行けたのだから すっかり自信もついて
国内の遠出も大丈夫かと!?

それが、、、 まだお出かけには かなりの 勇気が必要な
evelynなのですよ


さて この話しの行き先は 

閉幕期間が 1/6迄と 迫ったこの期におよんでのこと
神戸で開催中の「マウリッツハイス美術館展」に
想いを寄せて

行きたい、、、行けない、、、行きたい、、、行けない、、、

オットに 正直に 「行きたいけど自信がない」と 話したところ

「明日(12/22)なら 一緒に行こう」と! 

この言葉を聞いて もう決心するしかないevelynではありませんか


ということで 昨日 「気合」を入れて 
オットと久しぶりのドライブと相成ったのでした

 

名作 「フランダースの犬」の主人公 ネロ少年が 夢にまで見たいと
願っていた「聖母被昇天」の下絵も 想像以上に素晴らしく 息をのみました

「決心して 行った甲斐がありました!」


絵画含め 芸術って 人の心の中に浸透 語りかけ 問いかけてくる
無言の「生」だといつも 思います!




中華街に行くつもりでしたが 急遽「大丸」の
「広東菜館 群愛飯店」にて ランチ

「牡蠣」の天ぷら、、私が食べれないことを伝えましたら
「えび」に変更してくださいました 
熱々 揚げたてをお持ちしてくれましたよ

スイーツに温かい「胡麻餅」が後からきました オットは「杏仁豆腐」
どれも あっさり味で 美味でした~
(先日 辛めの四川料理を食べていたので、、、)
IMG_1594_convert_20121222235106.jpg


「バラクライングリッシュガーデン shop」のある
屋上へ 此処へは 何年振りでしょう
正面先には 中華街アーケードが見下ろせます


絵画の中で見た 「フランドル地方」独特の雲間との違い  
 余韻に浸りながら、、、    
      ああ・・・現実の冬空もまた なんと 美しい!

IMG_1596_convert_20121222235150.jpg

121222_132621_convert_20121223150301.jpg

一日 付き人のオットに感謝した一日でした! 

Thank you, dear.


♪See you soon♪ 






↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1

(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


にほんブログ村
愛するイギリスのために英会話をはじめたアラフィフ一念発起の
ドタバタ奮闘記に熱いエールを! 
↓  ↓ 

にほんブログ村 英語ブログ トラベル英会話へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ヴィクトリアンな小物作り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

行きたい~KOBE!

おっとevelynさん、美術展は正月6日までですかv-10
予定一杯で行けそうにないが…(;一_一)行きたい~
行きたいが、行けない。行けないが、行きた~いv-37

大丸デパの屋上懐かしいです。(^^♪

トトさんへ

v-1本格的に、トト師も走りまわる慌しい年の瀬になりましたね。v-355

しばし「フランドル絵画」に酔いしれ、うっかり・すっかり師走を忘れさ
せてもらうのも「あり」かと。。。(^_^.)
または新年、絵画鑑賞から事始めと、いかがでしょう~
トト師にぴったりの年明けとなりはしないでしょうか。
v-233オランダまで行けなくても神戸には行きましょう~ v-218v-290 

日頃芸術と縁のない釣村は「真珠の耳飾りの少女」がどの位置(角度)からでも
「自分」を惹きつけ見つめてくれると言って嬉々としていたのが可笑しくて!(苦笑)


>大丸デパの屋上懐かしいです。(^^♪
私もにわかガーデナーまっしぐら時代は時々通いましたっけ。
(今だ、にわかGのままですが、、v-408)

神戸は遠い?

evelyn さんにとって神戸は遠いですか?トトさまも?
毎月のように通っている私にとってはそう思ったことは
ないのですが。

でも、身近に素晴らしいアッシーさまがいらして素晴らしい!
適当なドライブの距離ですし、おいしいものがいっぱいある神戸
ですから、身も心も満足してお帰りになったことでしょう。

聖母被昇天(下絵)も素晴らしいと思いましたが、
あまり知られていないファブリティウスの「ごしきひわ」
が繊細で素晴らしいと思いました。オランダ絵画は
フェルメールもそうですが、日本人にとって何かしっくり
きますね。

papyrus01 さんへ

v-1そうでした、papyrus01 さんにとって神戸はすっかりお馴染みの街・・・
お庭の延長でしょうかv-290

ファブリティウスの「ごしきひわ」は私も惹きつけられて数回
後戻りして見入った1枚でとても印象に残っています!
よく見ると脚に鎖が、、、
当時はペットとして人気の鳥だったんですね、、、
「籠の鳥」ならぬ「鎖の鳥」、、、、
鳥の表情を見て、、、鳥さんに同情したのは私だけでしょうか v-409


>フェルメールもそうですが、日本人にとって何かしっくり
きますね。
心掴まれるもの多いに感じますね!e-266
sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle