(英) チェスターでアメージング!

チェスター」の町で聖火ランナーニアミス ! 
  
オリンピック開催中に タイミングよく 更新とならず 今頃ですが、、、




  ローマ時代(今から2000年前)にさかのぼる 
       城塞都市 「チェスター」


周囲をぐるりと 城壁に囲まれた町

その面影は中世 そのままに残っています  


折りしも エリザベス女王のダイヤモンドジュピリー」の祝賀と

後 30分あまりで 聖火ランナーが通過するというタイミングに遭遇


町も人も 多いにエキサイトしていました!


P1190678_convert_20120809222246.jpg

よほど 買おうかと 迷った 「エリザベス女王さま」のフィギア
P1190666_convert_20120809225258.jpg




ディー川(River Dee)に架かる オールド ディー橋

中世は水運を利用した港町として繁栄するも
16世紀にリバプールにその地位を奪われ 中世の姿をとどめたまま残ったそう


P1190141_convert_20120809225555.jpg




聖火ランナーを待つ人々
P1190169_convert_20120815215732.jpg

TV中継もされたようです
P1190172_convert_20120809224939.jpg

イギリスっ子らしい カチューシャ!
永遠のギンガムチェックのワンピが可愛い~

P1190144_convert_20120809230110.jpg



ローマ軍に仮装?
P1190145_convert_20120809225219.jpg

この方たちは? 聖歌隊?
P1190182_convert_20120815213158.jpg

突然 目の前に現れたチャイニーズドール
P1190079_convert_20120815213104.jpg

こちらはどなたか お分かりですね
P1190181_convert_20120809223430.jpg




町のシンボル 「イースト・クロック」
ヴィクトリア女王 在位60周年の記念(1897年)

この脇の階段を昇って 城壁を歩きました (イーストゲートから)
城壁内も聖火ランナーを一目見ようとする見物人で溢れかえっておりました

P1190113_convert_20120809224102.jpg

先に見かけた仮装の人たちとは違うローマ人?orヴァイキング?
P1190131_convert_20120809225406.jpg


The Rows」(ロウズ)と呼ばれる
木組みのショッピングアーケード(ハーフティンバー様式)  
建物の上階部分がつながっています  
雨の日も 傘なしでお買物できるよう考えられたそう!


P1190119_convert_20120809224345.jpg


「ローマ庭園」
P1190130_convert_20120815213455.jpg

「ローマ円形劇場跡」

P1190127_convert_20120815212602.jpg



ワタシも城壁の中から精一杯の声援を、、、、、
でも ワタシ、、「見えないwon!」 

P1190142_convert_20120815212805.jpg


evelynも現地の人々同様 いえ それ以上に興奮したことは
言うまでもアリマセン

肝心な 聖火ランナー様ですが 城壁内をぐるっと散策している間に
通過したんだそう! (Oh my!)

ゆっくりですが またのイギリス紀行をお楽しみに~


♪see you soon♪ 






↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1



(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


にほんブログ村
愛するイギリスのために英会話をはじめたアラフィフ一念発起の
ドタバタ奮闘記に熱いエールを! 
↓  ↓ 

にほんブログ村 英語ブログ トラベル英会話へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

聖火とニアミス?凄~い!

evelynちゃん

イギリスやアメリカなどどこの国の人も国旗を誇らしくいっぱい飾って、それがまたお洒落なので羨ましいですね

日本国旗もオリンピックなどの表彰台の上ではためくとうれしいのに
普段はなかなか打ち振れないのはなぜかしら?

日の丸はシンプルで素敵な国旗だとは思うけれど…
やはり第二次大戦の遺物としての負のイメージがあるのでしょうか?

それはともあれ…チェスターの町はイギリスらしくていいですね
次のイギリス紀行楽しみにしていま~す\(^0^)/

崖っぷちガーデンさんへ

v-1聖火とニアミス!  実は翌日もニアミスは続いたのですよv-290
有名な水道橋「ポント・カサルテ」。午前中にここを聖火が通過したとのこと。
今回の旅は聖火とともに、テムズクルーズまでと、高揚感に包まれた旅となりました。゜

国旗、、、、、やはり歴史や文化の違い感じますね。

崖っぷちさん(&パピルスさん)の動画ガーデン紀行、とても楽しみに拝見させてもらっています。
まるでそこに居るかのような錯覚感じながら!
ありがとう~
私も楽しみにしていま~す!
v-10

まだまだお暑ぅ~ございます

evelynさん~

何だかまだevelynさんがイギリスにいるような錯覚に。。。
素敵な国ね~♫国旗も。。。

オリンピックがまた違った感じでみることができたのでは(#^.^#)
オリンピック中は毎日毎日寝不足の連続でしたョ~(笑)

エリザベス女王さまのフギュアは買われなかったようですね
オリンピックにイギリス国内では完売だったそうですね
ハンドバックのところのソーラで手を振る動きをされるそうで
手をずっと振り続けて・・・女王さま、お疲れになりませんように・・・なんちゃって((^O^))

黒ラブちゃん・・・思い出しちゃいました。。。

まだまだイギリス熱は続きますね(#^.^#)
楽しませていただきました

またお願いします~
まだまだ残暑続きますが
お互いスタミナつけて fight~

grandmaさんへ

v-1はぁい、evelynの頭の中はいつもイギリスで溢れかえっていますv-290
心だけはイギリスへ置いて帰りました~(笑)

35度台の連日の酷暑、grandmaさん寝不足、夏バテなどされてませんか?
毎日、天気予報はブロ友の地域のお天気もチェック。
そちらも変わらず、お暑いようですね。
無理されないで、休めるときはダラダラもしましょうね!v-392


>オリンピックにイギリス国内では完売だったそうですね
ハンドバックのところのソーラで手を振る動きをされるそうで

えーーっ、知りませんでした~e-330
「ソーラークイーン」の意味が今になってわかりました。
「お手ふり」だったのね。
完売なんて聞くと、購入しておけば良かった・・・とミーハーなevelyn
は今頃後悔だわ・・・v-408
今後も色々教えてくださいね! お待ちしていますよe-266

No title

まぁ~なんとタイミングの良かったこと!
こんなお祭りに出くわすなんて、やっぱりイヴリンさん
呼ばれたわね~!現地の方にとっても今年は特に思い入れの強い
ちからの入ったお祭りだったでしょう!

お土産品は得てして日本国内で買ったほうが
お安いということもありますね・・
ソーラークィーンさま、某雑貨屋さんにてセールになっていました^^;
私がウィンダミアの湖畔から持ち帰った陶器類も
なんと先日コープのカタログに特価で載ってました
半額くらいでしたよぉ~~もぅ~

zukoさんへ

v-1>やっぱりイヴリンさん
呼ばれたわね~!

Wao~v-10嬉しいなぁ~zukoちゃん!

旅行前にネットで聖火ランナーや女王様のテムズパレードをリアルタイムで調べておりました。
これは、どこかで遭遇できたらラッキー!!! ねって、
遭遇こそ出来ませんでしたが、予想以上に訪れる町々、村々がユニオンジャックにはためき、お祝いムードを一緒に体感できた旅になりました。思い切ってよかった!
実は初めて訪れたのが2002年なのね、その時は「ゴールデンジュピリー50周年」だったはず。 10日ほど前に祝典を終えてたのでその時は今回のようなムードはなかったです(当たり前よね、、、苦笑)。


>ソーラークィーンさま、某雑貨屋さんにてセール
えーーー、そ、そ、そうなの?
さすが都会!!! こちらの地方ではお見かけすらしません^^;


>ウィンダミアの湖畔から持ち帰った陶器類
ひゃーーーー、それはそれはとてもショックですよね。
わかります、わかります!
でも私、、、、その陶器類、、、見なくても欲しいわぁ~(笑)
もうオーダー期間終わったかな~? あはは、、、
v-290
 


sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle