憧れの地 「プライドと偏見」

チャッツワース(clilk here)

野生の鹿も駆け回る ダーウェント川のほとりにたたずむ
デボンシャー公爵の館と名園

此処も「ピーク ディストリクト公園」の中にあります
 
キーラ・ナイトレイ 主演の「Pride and Prejudice」
「The Duchess」など映画撮影場所ともなって

 今も大勢のビジターが絶え間なく訪れていました

が とても美しすぎます・・・

ただ  ただ   ため息・・・(heave a sigh.) 


P1180767_convert_20120622181838.jpg

P1180771_convert_20120622182458.jpg

P1180777_convert_20120625000133.jpg



ジェントルマンのお国柄マナーの良さはとてもgood!

ただ 長袖のevelynには 腕や背中を出すには肌寒いかと・・・(>_<)

P1180775_convert_20120624235950.jpg

P1180887_convert_20120625000302.jpg


500年の歴史を持ち その間 ガーデンは様々な時代を変遷し生きてきました


実は 自然に見える壮大な風景は  不毛の沼地
壮大な庭園に変えた
往時のガーデナー「ランスロット・ブラウン(1716~1783)
の手によるもの

 
    何千本という樹木の一本 々

4代目公爵が10年もの歳月をかけて作らせた代表的な風景式庭園なのです

また 景観(ランドスケープ)を更によくするため 
眼鏡橋・道・水車小屋まで移設したというから 驚きです!


P1180773_convert_20120622182313.jpg

芝生刈りに余念のないガーデナーズ

P1180890_convert_20120622182045.jpg

P1180816_convert_20120622182416.jpg

館内からの眺め  向こうの森もご領内
P1180874_convert_20120625000020.jpg



あれは 夢の中を彷徨っていた・・・・・・?


「行けた」ことが 未だ 夢うつつのevelynです

壮麗な邸宅内は後日、、、





 



♪see you soon♪ 






↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1



(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


にほんブログ村
愛するイギリスのために英会話をはじめたアラフィフ一念発起の
ドタバタ奮闘記に熱いエールを! 
↓  ↓ 

にほんブログ村 英語ブログ トラベル英会話へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

憧れのイギリス

美しすぎるイギリスはe-420 人の手によるものなのですね。。
それは 貴族たちの成せる技  e-415

一度は行ってみたい国になりました e-398

りんごさんへ

v-1デボンシャー公爵家は地所の鉛鉱山と炭鉱から財を成しました。
こちらは現在、チャッツワース・ハウス・トラストが公金使用せず維持管理されています。

ナショナルトラストの意義は素晴らしいですね~!
りんごちゃんもご存知、ナショナルの意味は「国家」でなく「国民」が運営する非営利団体。

幼い頃からこのような環境の下で育てば、誰もが自然や遺跡、建造物に対してやさしくなれそうですね。
「温故知新」です。

イギリスは広大なパブリックパーク(しかも無料)がロンドン市内でもたくさんあり、本当に市内も緑がいっぱい! うさぎやきつねまでもよく遭遇するのです。

まだまだ、心残りの憧れの地は山ほどに!(*^。^*)
100年後も200年後もイギリスの風景はかわることがないでしょう。
ゆっくり計画をたてて、
u君とぜひぜひ訪ねて欲しい国です。v-501v-233

No title

すごいきれい!
写真を見てうっとりなのですから
実際はもっともっと素敵なのだと・・・
益々 行ってみたくなりました
ここからだと遠いけど

イギリスもアジア人と体温感覚が違うのですね
なんでも毛穴が違うとか聞いたことが・・・

みっこけさんへ

v-1はぁい、うっとりしすぎていると時間がすぐ経ちますv-408
永久片想いのイギリスは何処もかしこも、何日もいたい、、、
イギリスかぶれ病は私の不治の病でありますv-343

過日、tvにてメルボルンの街紹介をしてましたが、雰囲気がイギリスのどこかの町に似ていて、とても素敵でしたね。
(以前英会話の先生がメルボルン出身で・・・・彼の方が断然日本語のスピーチ上手くなっていましたっけv-290)

そうそう、彼の地の方々は日本人と違って、体感温度が異なるそうです。  違いは、、、 そうですか・・・・・納得しました~(笑)

素晴らしきかな!

everyn さん

私たちも昨日帰ってきました!
ウェールズの庭園、素晴らしいですね。
everyn さんの感動が伝わります。
チャッツワース、私も機会があれば行きたいです。

ナショナルの意味よくわかりました。
ナショナルトラストが運営しているところは、職員だけ
ではなくボランティアも数多く参加していることを
実感しました。私は1年半ほど前から膝を痛めて
いるので、杖を持参で旅行に参加しました。
同行している人も気遣ってくださいましたが、
アガサ・クリスティのグリーンウェイで、山の上の方
にある邸宅・庭園に行くには、山道を登る必要があり、別に車でもいけます。その車を運転する人が
ボランティアでした。私は往復を利用させて
いただきました。嬉しかったです。

それにどこでも、sorry や execuse me の言葉
イギリスの国の人たちの優しさが、嬉しかったです。

ハーディの生家の庭は花が咲き乱れていました。
他のどこも、道端さえも美しかったです。

お買いものはあまりできませんでした。コヴェント
ガーデンは、あまりいいものがなくて。
私にとってはですが。

papyrus01さんへ

v-1おかえりなさい!papyrus01さん。v-501
たくさんの素晴らしいガーデン巡りの旅、愉しまれたことと思います。 
お買物は残念でしたね。
旅には何かしら心残りがつきものですから、、、次回のエネルギーに繋がることを祈っています。

お膝、、、そうでしたか。v-409
でもボランティアさんや同行の皆様の支えでクリアでき何より良かったですね。(私も嬉しいです)
旅のお疲れ、十二分に取られてまたガーデン熱に意欲を傾けてください。
でも、お膝はくれぐれもご無理なさらずお大事に。


>それにどこでも、sorry や execuse me の言葉
イギリスの国の人たちの優しさが、嬉しかったです。

こちらが笑顔を向けるが早いか、すばやい笑顔と挨拶のレスポンス!v-290
本当に、気持ちがいつも和まされますよねv-290


>ハーディの生家の庭は花が咲き乱れていました。
他のどこも、道端さえも美しかったです。
早速にお知らせ下さりありがとうございます!
イメージどおりなんでしょうね~v-254!

道端さえも・・・よくよくわかります。
路地裏や道端も風景の一部になってますよね。

また詳細なレポートを楽しみにしています!
お帰りになったばかりの折、コメントありがとうございます!

おかえりなさぁ~い!

イヴリンさん!
きっと渡英されているものだと思っておりました^^
考えるより感じろ、です
今回はイヴリンさん、英国からおよびがかかったのでは?
「かえっておいでよ~~~」とね
そんな気がしてならなったです

イギリスらしい風景写真が美しく心が洗われるようです
特に50メートルも続く!キングサリ!!素晴らしい~~!!
行きたい歩きたい体感したい

レポの続きも楽しみにしております
ひとまず・・無事のおかえりが、嬉しかったので
足跡残させていただきました~^^





zukoさんへ

v-1ただいま~zukoちゃん!

ドール創作での筋肉痛は軽減されましたか?
レディzukoちゃんはヤングだから、治りも早いかと!
お大事にネ!


>考えるより感じろ、です
>今回はイヴリンさん、英国からおよびがかかったのでは?
>「かえっておいでよ~~~」とね

↑zukoさまは占いまでできるのでしょうか~?v-290v-221
まさしく!  考えるより感じろでしたね。
本当に、本当に、イギリスに呼ばれたと思いますe-465

ボドナントガーデン&チャッツワース、どちらもとにかく広大なので半日から一日は必用かと。
風に吹かれ、草原やお花(ハーブ)の香りの中で風景と一体になる・・・・・e-266
zukoちゃんなら、現地エスコートの個人旅行なんて夢じゃないですよね。
成田が近くて羨ましいevelynです~v-233
足跡、とっても嬉しかったです。
ありがとう、zukoちゃん。v-22

カギコメさんへ

v-1あたたかいコメントありがとうございます!

カギコメさんも、ついつい無理しずぎませんように!
ありがとうございました!v-432

病気が移っちゃったよ

evelynちゃんのイギリス病は自他共に有名ですが…
庭好きさんたちも皆、多少病原菌に感染の疑いありですね

私も8年前から感染して病は重くなるばかり…
平癒治癒を願って今回のUK参りでしたが…
ますます病は重篤になってしまいました(- -;

本当にイギリスはすべてが素晴らしかったです♪
庭、建物、道路脇の雑草、人々…etc・etc…

いつも読み逃げばかりですが…お許しくださいませ

G おとひめさんへ

v-1>本当にイギリスはすべてが素晴らしかったです♪
庭、建物、道路脇の雑草、人々…etc・etc…

同病相憐れむ・・・ですね!
心のふるさとは遠きにありて遠距離片思い!e-266
何故イギリスばかり? と聞かれますが、答えはそこにイギリスがあるから! 
歴史、文化にも魅かれますよね。
、、、彼の地に立つと不思議と心が解放され癒されるのはおとひめ様も同じでは。

鉄道に乗り、名も知らぬ小さな村に降り立ち、何日滞在などと考えず、
気の向くままのんびり過ごしたいものです。
ホームステイもしたいですね~v-221
(それには英会話がね、、、あぁ、その為のホームステイでしたv-408v-356)
レポート、楽しみに閲覧させてもらっています!v-10
sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle