シェイクスピアホテル

今日は、6月にイギリスへ行った時に泊まったホテルのひとつ、
「シェークスピアホテル」をご紹介します。
4ヶ月ぶりのイギリス旅ネタです~
しばし、おつき合い下さいね~


P1110594_convert_20091019214518.jpg

16、17世紀に立てられたテューダー王朝風の見事な建築

P1110590_convert_20091019222827.jpg

現在はホテル「メルキュール」が経営してますね

P1110595_convert_20091019214610.jpg

入り口、入ってすぐのロビー    奥がフロント

P1110508_convert_20091019213037.jpg

フロントの机の上になんの違和感もなく、旧式電話が!
evelyn、写真を撮らずにはいられませんでした!
jumee☆camera2a

P1110557_convert_20091019214238.jpg


重厚なゲストルーム(ウェイティングルーム)をご覧ください   ロビーの左にあります


P1110566_convert_20091019214357.jpg

P1110569_convert_20091019214439.jpg

P1110553_convert_20091019214036.jpg

人の背丈ほどある大きな暖炉  当時は暖炉がキッチンの役目も果たしていました (納得ですね)

P1110554_convert_20091019214151.jpg

さっきのロビーを抜けて客室へ~

P1110504_convert_20091019212958.jpg

4、500年の間、どれだけの人がこの石畳を歩いたのでしょうか~
果てしない歴史とドラマがなめらかになった石畳の表面から伝わってくるようです(ブルブルッ移動)


P1110550_convert_20091019222750.jpg

そこここに、当時をしのぶ家具や調度品が置かれています

特徴あるイス・・・・・・なにびとが座り、何を想い、何を語らっていたのでしょう~
ロマンティックであり・・・・・イギリスの歴史を思うと意味深でもあります(またもや、ブルブル移動))))))))


P1110549_convert_20091019213936.jpg

ジャーーーン! 私が泊まったお部屋   ↓ ドアに「プロスペロー」と名札があります
各部屋ごとに、シェイクスピアが書いた小説や戯曲に登場する主人公の名前がついていました
「プロスペロー」は「テンペスト」に登場する魔術師(前ミラノ大公)の名前でした


P1110509_convert_20091019213907.jpg

室内  ベッド上の額絵はヘンリー8世とアンブーリン姉妹
(またまた、ブルブル移動移動)アップロードファイル


P1110543_convert_20091019213830.jpg


この分厚い、手作りの窓ガラス! お伝えできないのが残念!
昔ガラスはとても高価だったため市民は「窓税」を取られていました。
なので、たくさん窓ガラスをはめている家はお金持ちの象徴でした。

また、煙突が多い家もその数だけ部屋数があるということで、
窓ガラスと煙突を見れば・・・・・・!給料日♪


P1110529_convert_20091019213328.jpg

学生の向こう、時計がある建物がシェイクスピアが通ったとされるグラマースクール
しかし、通学していた記録は残ってないので、定かではないそうです


P1110585_convert_20091019222905.jpg

シェイクスピアのお母さんの家/左端 「Mary Arden's House 」
(参考までに イギリスの家はいわゆる長屋も多く、このおうちも屋根続きとなっています
これらは当時の中産階級の家です)


P1110487_convert_20091019222709.jpg

おまけ
夜、食事したレストラン(真ん中)
ちょぃと斜めに傾いでいるように見えるのはevelynだけでしょうか~(苦笑)
こちらの建物はホテルよりも、もっと古そう~


P1110490_convert_20091019234652.jpg

柱もノミで荒削りのまんま!
我が家にもこんな風格ある柱が1本欲しいわぁ~


P1110495_convert_20091019234800.jpg


今日も長い時間おつき合いくださりありがとうございました!
シェイクスピア生誕の地、ストラトフォード・アポンエイボンをご
一緒できたようで嬉しいです!
また遊びにいらしてくださいね、お待ちしています!
はーと

 やさしいみなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
よろしければクリックお願い致します!jumee☆thanks1
(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : ヴィクトリアンな小物作り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素敵ね~ 素敵ね~!!!
本当に私好みですv-10
1枚1枚ジーッと見入りました。
歴史を感じる建築や家具にメロメロ
電話は使えるのかしら?
コードがあるようだけど・・・・・
ダイヤル式は 目を瞑っていても掛けられるけど プッシュ式は数字の配列を突然聞かれても 「ん?」 よね~ ※や♯あるし~(笑)
ドラマの話だけど 目隠しされて監禁されている人が 後ろ手に縛られているんだけど携帯電話でどこかに電話をするシーンがあったので 「えー無理でしょ!」と思ったことが・・・・(笑)

イギリス旅行♪

evelynさん、こんにちは。
今日は久しぶりに、ちょっとまとめてブログを拝見させて頂いたのですがぁ・・・
ス・ゴ・イ~♪♪♪
内容盛り沢山で、とても楽しかったですヾ(゚▽゚*)ノ

ホテルの内装もステキだし、傾いたレストランもおもしろいですね。
私もイギリス旅行させてもらったような気分でした。
楽しかったです~(〃∇〃)

そして、旅行でスゴイいろんな方と交流されてるんですねっ!?ヾ(゚▽゚*)ノ
そして、Kiss・・・超キュートですねっ!★
英語のお勉強も、私もお勉強してるような気分になりました。
今日もありがとうございましたv-238v-223v-238

yumehonokaさんへ

v-1yumeさんも「メロメロ」ですか~?(笑)
すべて本物のアンティークが本物のアンティークな家に~
いつもながら思うことですが、古いマナーハウスや、ホテル、、教会、その他の建築物に入るとタイムスリップしますよね!

人によっては異空間を感じる人もおられますが私は「安心感」。
yumeさんもきっと「ほっとくつろぐ安心感」を感じると思います。
ちょっぴり、「v-39v-38出そうな~」気配を感じますが、こちらは全然恐怖を感じません。
「出てきたら、お話しましょう~」たいな~
あっは~英語で話せないわっ!v-408(笑)

電話は聞かなかったんだけど、きっと使用できると思います!


>後ろ手に縛られているんだけど携帯電話でどこかに電話をするシーンがあったので 「えー無理でしょ!」と思ったことが・・・・(笑)


ドラマって、時にそういうところを発見した時興ざめもしますが、面白いですすよね~
ハリウッド映画にも多いです、つじつま合わないでしょ!って。v-395(笑)


※今日注文品をお受け取り致しました!
お忙しい中、ありがとうございましたv-238

Pribonneさんへ

v-1 大阪での行事、お疲れさまでした!
無事に終えられ、今度はHPのリニューアルですね。
こちらもがんばって下さいね!
e-271e-420

>そして、Kiss・・・超キュートですねっ!★


この印、私も知らなかったんですよ。
偶然、ある本を読んでいて知ったんです~
日本人ってちょっと気恥ずかしいですよね。
だから、私からはまだ×印を入れたことがないの。
こんどから、気軽に入れようと思っています。
まずは1つの×印で~(笑)

No title

何だか街全体が絵になりますよね~

イギリスには縁が無くて…いつか行けるでしょうか?

私がアンティ―クにならないうちに…(笑)

英語頑張っていらっしゃいますね~素敵ですv-290

No title

素敵~v-10
300年以上たっても外観も中もこんなに素敵なんですね!
何度もみにきたくなります^^
電話は今も使ってるのでしょうか?
プッシュになれるともどかしい気もしますが・・・
そのに余裕があっていいのかもしれないですねv-398
調度品も何もかもが重厚感があってまさしく本物!
現地に行きたくなりました~~^^
evelynさん、移住なさった時は遊びに行きますので是非案内してくださいませ~~v-344

UPありがとうございましたe-266

No title

アンティークホテル(?)って、何故か魅かれますよね?
とっても素敵なホテル、お泊りしてみたいです。
古いホテルって、使い勝手は決して良くないけれど、
それを差し引いても魅力いっぱいって感じです。
歴史ってお偉い方達の事を思い浮かべてしまいますけど、
普通の人達が普通に生活していた中に
きちんと刻まれているんだなぁ~って思いました。
ただの道かもしれなくっても、
どれほどの人達がどんな想いで通り過ぎて行ったのか・・・。
そんな事を考えると、全てが愛おしくなってきますね。
ちなみに、我が家の前の道は、旧東海道です。

英会話、頑張って下さいね!
私、英語を使わなければならない時はオーバーアクションになります(恥・・・)

こんばんは☆

最近では、資〇堂さんのCMで…♪ドゥク ドゥン ドゥン~♪
(4人の若い男の子がイギリスでロケをした)を見ると
evelynさんを思い出してしまう私です。

ホテルの事、楽しく拝見させていただきました!!
説明があって尚、楽しめました!!

年期が入った木だったり、素敵なオーク材の家具や
暖炉の大きさにビックリですが、これならサンタさんを信じられる
私がいたかもしれません^^

evelynさん前世、イギリスと何か御縁が深い人だったのかも?
な~んて勝手に思ったりします!!

セルシアーナさんへ

v-1海外はこれからですぞ~ v-233セルシアーナさん!
望んでいれば縁はありますとも!v-22

英語力、お嬢ちゃんに教えてもらいたいなぁ~
ぜひよろしく~ v-221


green mintさんへ

v-1ギリスへいざ!行きましょう~v-233(笑)

ダイヤル式の懐かしい電話・・・きっと使用されてると思います。
ダイヤル式・・・・・・お懐かしや~

そうですね~あの頃は何もかもに「ゆとり」がありましたね。
早い・便利な今の世の中の方がいつも急かされている気がします。

移住?=ひゃぁ~v-10v-405v-10
夢また夢です~v-393

meguruさんへ

v-1>どれほどの人達がどんな想いで通り過ぎて行ったのか・・・。
そんな事を考えると、全てが愛おしくなってきますね。


本当に!
イギリスの人々はナショナルトラストを通して、たくさんの自然や
古い建築物を残しています。
それらは子孫への財産ですよね!


>我が家の前の道は、旧東海道です。
わぁ~、素晴らしい!
その昔には飛脚や旅人、馬が往来してたんですよね!
日本一高い富士山を見ながら・・・v-263
愛しい日本の「道」ですね!

英語=オーバーリアクション、まさに私も~!meguruさんと似てる?(苦笑)



ドルフィンさんへ

v-1e-343♪ドゥク ドゥン ドゥン~♪ e-343
イコールevelynを思い出してくださるなんて!
嬉しすぎまぁす!ドルフィンさん!


>これならサンタさんを信じられる
私がいたかもしれません^^


v-255やはり、日本では無理がありますよね!(笑)
それでも子供心って、無垢で素直なんですよね~
少しの間は幸せに信じていましたもの。
今でも信じたいevelynです~e-144

私の前世、イギリスで何してたんでしょう~
メイドかな?(笑)

No title

なにもかも、ひとつひとつが素敵ですね~♪
どんな人たちがどんな会話をしながら、ここに居たんでしょうね…。

家具や建材、窓ガラスは知っているんですよね。
鏡も過去にうつした人たちを覚えているのかな?

そんなことを考えると不思議な気持ちになります(^^)

アシュラムさんへ

v-1 >家具や建材、窓ガラスは知っているんですよね。

物にも口があったら聞いて見たいですネ~!(笑)

物を粗末に扱い、すぐに飽く日本人傾向は欧州を見るといつも考えさせられます。
私は物にも心があるように思ってなりません。
sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle