手縫いのこだわり

洗礼服を着せてもらいました
(もう少し手を加えたいと思っています)


P1120036_convert_20090705215226.jpg

キャミソール
改善したつもりが、フリルの幅をたくさん取りすぎてなんだかバレエのチュチュみたいになっちゃって・・・!?
タリラリラン~♪jumee☆ballerina1pクラシックチュチュ


P1120013_convert_20090705215147.jpg

こちらのアンティークレースも長さが足りず、
前回同様接ぎあわせて縫いました
チュールにホールがあったので同じチュールを切り、つぎあてしました


P1120025_convert_20090705214544.jpg

今回は長すぎましたか!
可愛い足の裏が見えませーーーん(>_<)


P1120027_convert_20090705215400.jpg

2体とも、すべて手縫いなんです
お洋服はミシンでジャーーーーーーって縫えば早いし楽できれいな仕上がり!

でもネ、あえてevelynは手縫いなんです
何故に?
それはネ、ちくちくしている時を大切に愛しみたいから・・・・

時間が容赦なく、どんどん過ぎ去っていく中
ひと針、ひと針がこの上なく時を優雅に進めているような気がするのです

だから、あえて手縫いにこだわっているevelynなのです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愛情がいっぱい!

evelynさんのこ手縫いのこだわり・・・
愛情がいっぱいこもられているんでしょうね。
だから、みんなステキなのかも・・・?
ベアちゃん達も幸せそうなお顔してますもの。
それに、チクチクの時間も大切にされているんですね。
ステキです!
チクチク出来るのも幸せですものね。

meguruさんへ

v-1私の気持ちがmeguruさんに伝わって嬉しいです!
ミシン縫いの方が適した場合がありますよね?
表裏と縫い目がキレイだし・・・

meguruさんのビーズ刺繍なんて手縫いの王道ですよね~v-353
こちらはミシンでは不可能ですもの

19世紀ヴィクトトリアン朝のイギリスで、産業革命が起こりオートメーションで物が大量に生産できるようになりましたね

当時、それまでの美しい手仕事の復活運動(アーツアンドクラフト)に一石を投じたウィリアム・モリスの信条ほども手が届きませんが
、せめて気持ちだけでもモリスに近づけたらと・・・・・(~_~;)

ヴィクトリアン手芸が大好きな原点なのですよ!



No title

evelynさんの 手作りにこだわる気持ちや愛情が
このベアちゃん達に たっぷりと込められているのですね!
本当に 優しくて 幸せそうなお顔!
たっぷり使ったアンティークレースも優雅で
可愛すぎ~~v-433


サザンチャームさんへ

v-1サザンチャームさんにも私の小さな思いが届き嬉しいです~!v-22

ありがとうございます!

私の持つアンティークレースはハギレばかり・・・・・・
だから、アンティークレースまでがパッチワークして使わざるをえないんですよ~(~_~;)
そういうハギレのアンテクレースも、もとはレースメーカーか貴婦人たちが時を紡いだ証し・・・・・
いとおしくて、いとおしくって~v-238

あ~可愛い!!

eveさん、京都からお帰りなさ~い!!
お疲れは出てませんか・・・?

ルーブル美術館はやはり行っておくべきできしょうか・・・?!
OPになってて迷ってるとこなの・・・。
大きく広すぎて大変とのことなので・・・。

チュチュ?姿のベアちゃん、めちゃめちゃ可愛いです。
もうメロメロです。
可愛くて何回も見に来てるんですよぅ~~!!(~_~)
ベアもドールも好きな私です・・・。

AKKOさんへ

v-1返信遅くなってごめんなさーーーーーい!

AKKOさんのドール&ベア好きは存じてます~v-218
思わぬ寸法ミスでチュチュ風になってしまったベアちゃんv-408
AKKOさんに気にいってもらえ、とても幸せです~v-238

ルーブルは必見の価値がありますのでぜひとも
行って欲しいです!

感動しましたよ~
とくに「大工ヨセフ」は心の奥に伝わってきました~!
他に、ルーベンス、フェルメール、ベラスケスの「王女マルガリータ」
など一挙71点もなんですもの~

音声ガイドをお借りすることをお薦めします

心配されている広さ大きさは噂ほどではないかと思いますが・・・
ただし、こちらの美術館も毎回人は多いのは確かです
夏休みになるとさらに人が増えるので早めに行ってきました

最近は平均身長、男女とも高いでしょ
153センチしかない私は、人垣かき分けて前に行かなきゃ
観れない!(>_<)
小声で「スミマセン・・・スミマセン・・・」とね・・・(苦笑)

それでも鑑賞後は迫力と感動で胸がいっぱい!
その後、平安神宮のお庭を散策しました~ 
AKKOさん、フランスまで行った気持ちでレッツゴー!
頑張れます!

行かれる前に予習されるとさらに深く鑑賞できると思います

http://www.ytv.co.jp/event/louvre/index.html



sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle