湖水地方の思い出 P~Ⅱ 結婚式

ジョンさんとシンディちゃんのお話が終わり、
同じウィンダミア湖が見渡せるホテルに2泊したこともお話しましたね


イギリスでは「しゃくなげ」がどこも満開!
昨日の画像の背景に写っていたのもバラではなく「しゃくなげ」です


P1100920_convert_20090625123146.jpg


もうひとつ、思い出のお話を・・・・・・

「今日は昨日とは別の食堂で夕食をとって頂きます」と連絡がありました
何故かしら? 
夕刻時、その理由がわかりました!
それは隣室のホールでまさに結婚披露パーティが催されていたのです

花嫁さん、見たいなぁ~って思っていたら、ナント、ナント
外のアプローチにいらっしゃいました!

この日は(すでに9時過ぎています)雨上がりで冷えてきています
花嫁さんの肌の冷たいこと!
「寒い、寒い」って何度もおっしゃりながらも、満面の笑顔~
ドレスはお飾りがほとんどなく清楚でより花嫁さんを引き立てていました~


急遽思いつきで私の持っていた扇子を
プレゼントにさしあげました~

(私は一年中、バッグの中に扇子をいれて持ち歩く習慣があります・・・海外まで!苦笑) 

P1100892++braidal2_convert_20090625123636.jpg

P1100888++braieeeee_convert_20090625141632.jpg


右端は柔道の山下泰祐氏とロス五輪?
で闘ったとおっしゃていた名前聞いたけど忘れた方(^_^;)
左から2番目のevelynは花嫁さんのドレスをあやうく踏んづけそうになり、
ずっこけています・・・・・・(>_<)


P1100893++kao_convert_20090625124312.jpg

どうぞ 末永く お幸せに~ウエディング

詩人ウィリアム・ワーズワース、ピーターラビッドでおなじみの
ヴィアトリクス・ポターがその自然美に魅了され、それぞれの創作活動、
環境保護運動に捧げた湖水地方。


ホテルのアプローチから、
暮れなずむウィンダミア湖をしばし眺めながら、
アナタも心はミス・ポター・・・・・・!?


IMG_5134++windamia2_convert_20090625124434.jpg
IMG_5130++windamia1_convert_20090625124409.jpg
P1100942_convert_20090625124735.jpg
P1100943convert_20090625125443 www

ここまでおつきあいくださって、
ほんとうにありがとうございます!
いつも いつも あなたに「感謝」しています!

今日の午後も暑くなりそうですが、
どうぞ穏やかな気持ちで、
さわやかな一日でありますように!
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

またまた素敵な出会いが

こうやってイギリスの方々の中にとけ込んでいかれて、
すばらしいです。
evelynさんのお人柄ゆえんですね。


綺麗に咲き誇っているお花、
こうやって見せていただくと薔薇ではないってわかりました。
芍薬ですか?
なんか、シャクナゲみたい・・・すごい大株でビックリです。



sepiaさんへ

v-1sepiaさん、スミマセン(ーー;)
「しゃくなげ」です!
♪「しゃくなげ色に~はるかな尾瀬~♪」の
「しゃくなげ」にマチガイありません。
「やっぱり」ネってsepiaさん、納得してね!(^_^;)
ご指摘、ありがとうございました!

イギリスで見るしゃくなげは無剪定で生垣、お庭の中と
湖水地方ではよく見かけました。
景色の中で離れてみてもピンクのかたまりがいっぱい咲いていて
美しかったです!

私の住む地方ではしゃくなげはあまり見かけません。
やはり、高山や尾瀬のように冷涼な土地を好むのですね。

No title

結婚式・・・素敵な遭遇ですね?
幸せのおすそわけで、きっと皆さんハッピーなお気持ちに!
evelynさんの笑顔が見えるようですヨ。

それにしても、美しい街ですよねぇ・・・。
ヨーロッパの石の文化、憧れてしまいます。
古い町並みや石畳の道とかって、やっぱりステキですよね?
何でもない普通のお宅まで絵になるんですよね・・・。

ワンちゃんとの出会いも、イイ思い出になりましたね。
お宅訪問ができなくて、残念・・・。
いつか機会があったら、訪ねてみたらいかがですか?

No title

たくさんの素敵な出会いがあったご旅行でしたね~e-266
ほのぼの旅行記 とても素敵でした!!
また来年も楽しみにしていま~すv-410
美しい花嫁さんが いつまでもいつまでも幸せでありますように~e-266

meguruさんへ

v-1石畳、石の家、環境保護活動に取り組む姿勢・・・
日本も多いに見習いたいものですね
まずは意識改革からはじめなくてはなりませんかしら・・・


>いつか機会があったら、訪ねてみたらいかがですか?

「ウィンダミアの坂で」なんちゃって~(笑)
おっととと、、、evelynのイギリス妄想が始まりそう~(>_<)

yumehonokaさんへ

v-1今回は道中のバスの運転手さんとふざけあい?
よくしてもらいました
結婚式の写真も運転手トムさんに頼んで撮ってもらいました


>また来年も楽しみにしていま~す

あらら~嬉しいリクエストでしょうか~?(笑)
しかーーーし!
我が家の逼迫生活をご存じないyumeさん、
来年は無理かも~(~_~;)


sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle