ウィンダミアで出会った~「老紳士と犬」

犬と子供に目がないevelynであります

そして悪い癖ですが「ガタゴト日本語なまり単語」しか話せないのに
すぐに「Hello!」とか「Hi!」とか声をかける困ったさんなのです

老紳士とラブラドール犬がこちらに近づいて来ます
友人たちは残る私を置いて先へ先へ・・・・・・
ああ!
とうとう声をかけてしまいました~(苦笑)


「Hello!」 
「ワンちゃんのお名前は? 年齢は? 
うちにも同じ犬種で12才のデイジーがいるんですよ」
と・・・実際は流暢ではなく「ガタゴト単語」!
これにジェスチャーがつくので、離れて見るとまるでevelynは盆踊りを踊っているようですよ~
(あははは~~jumee☆faceA61)

終始にこやかな老紳士!
中々来ない私を友人が望遠レンズで隠し撮り?
jumee☆camera1b jumee☆camera2b

IMG_5102++evelyn3_convert_20090623004809.jpg

「えーーーっと、あのーーー、そのーーー、
写した写真を送りたいのでご住所を~」とお願いしながら、
いそいそゴソゴソとバッグの中のペンをさぐるevelyn

「Oh! シンディちゃん、アナタへのご褒美は持ってないのよ~」
シンディちゃん、ワクワクしていい子で待ってますね・・・けなげですね・・・・・


IMG_5106++evelyn_convert_20090623005000.jpg


老紳士はなんと明日家に遊びににいらっしゃいと言ってくださったんです!
まぁ!
こんな素敵な住宅街のどこかがお家であろうシンディちゃんちに
ぜひともお招きされたい!

わぁ~! 夢のような展開~夢
って願望はいっぱいでしたが、明日は出発の日・・・・・・ガックリがっくり
泣く泣く絵文字名を入力してください感謝の言葉を何度もくり返し
お断りしたあっけない結末とあいなりました涙


IMG_5104evelyn2_convert_20090623011617.jpg

14才のシンディちゃんはデイジーと同じくカメラ目線では撮らせてくれませんでした・・・


P1100915convert_20090623004459.jpg

そして、老紳士ジョンさんととシンディちゃんは左の道へ・・・・・私は右へ・・・・・
そしてお互いふりかえり、ふりかえり、何度も何度も「さようなら」をし、名残惜しんだのでした
P1100933_convert_20090623014000.jpg

と・・・・・
結局何もご期待にそえるような展開にはなりませんでしたが・・・

ジョンさんは本当に英国紳士でした!
お散歩に手入の行き届いた革靴
右手に持ったシンディちゃんの落し物は目に触れないように気配りされてます!
「ジェントルマン」!と呼ぶのにふさわしい方!

書いていただいたアドレスの字はとても丁寧できれいな文字です!
宛名には 「JOHN AND CINDY ・・・・・」と書かれていました

この町も丘にあるので坂道ばかりです

雨の日も風の日も毎日散歩はかかさないとのこと
「だから私もシンディもとても健康なんだよ」と・・・・・

ジョンさん、シンディちゃん、
どこを切り取っても絵葉書のように美しいその町で
いつまでも長生きして欲しいと願ってやまないevelynでした
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

はぁ~…素敵なお話です(^^)
しかもシンディちゃんのお尻まわりのかわいい事!
とてもかわいがられて生活しているのがわかります!!
ぷくぷくしていて、抜け毛もかわいい~。

シンディちゃんのおうち、ぜひ行きたかったですよね!
そんな素敵な出会い…おしいですね(;;)


コートを着ていますね?イギリスは寒かったのでしょうか?
しかもレスポ!!
実は私レスポ集めてます(^^;)
もしかして一緒ですか~???

すてきな出会い♪

evelynさん、すごいですね、地元の方との会話!

ワンちゃんのシンディちゃん、万国共通の表情ですね。
英語がダメな私だけど、犬語なら話せそうv-411

まわりにお花(バラ?)が咲いているのに、
着ていらっしゃるコートが気になりました。
イギリスは緯度は高いけど暖流の影響で
それほど寒くないって聞いていたので。



アシュラムさんへ

v-1ほ~んと!おしりムクムクフワフワ、カワイイです!v-238

イギリスの気温は日本より5度~10度くらい低いでしょうか。
(地域差ありますが)

写っている時間帯は夜9時くらいで雨上がり。
少し寒いくらいでした。
私が着ているのはレインコート♪

レスポ、軽くて丈夫で雨に濡れてもへっちゃらなその機能性のよさは抜群ですね。

毎年、たくさんの絵柄が登場し、選ぶ楽しさもありますね。
今年は異様に日本人旅行者、誰もかれもレスポを斜めがけしてました! (とくに私くらいの年代の方)
以前から人気がありましたが、今年はレスポ最前線ブーム!?

アシュラムさんはレスポのいろんなタイプをお持ちなんですね。
私・・・・・・
この斜めがけバッグ一つだけなのよ~v-408v-221

sepiaさんへ

v-1>すごいですね、地元の方との会話!

ちっともすごくないのよ~!
だって「会話」ではないんですもの~(苦笑)
とにかくかぶれevelynなので~自分がイギリス人になったと勘違い!妄想!しているだけなの~v-393
声かけられたお相手にとっては迷惑な話ですよね・・・・・v-394会話にならないんですもの~

「イギリスの一日には四季がある」と言われるほど
本当にイギリスでは一日のうち、コートを脱いだり着たり・・・
ちょっと肌寒くても若い人は半袖姿をよく見かけます。

雨が降ってもイギリス人は傘をさしません。
手に持っていても・・・・・

それくらい、すぐに雨も上がるのです!

とにかくイギリスの夏は湿度がなくて、とても過ごしやすいの!
ああ、「帰りたい・・・・・」
またevelynの妄想が始まりました・・・・
放っておいてくださいね・・・・(>_<)

sepiaさんちの方でもこの季節は湿度が高いですか?

No title

わぁ~~ドラマみたいな展開♪
今回は残念でしたがきっとまたいつか機会がある
様な気がします。
その時はまたご紹介下さいませv-411
evelynさんのお姿も拝見できて感激!!!

イギリスでは自宅に駐車せずに道路脇にするのですか?
縦列駐車^^も美しく並んでいますねv-411
薔薇やクレマチスの似合う住宅って赤レンガというイメージがありましたがここら辺の外壁は石?ですよね・・・。深みのあるグレー色の外壁が洗練されていてとっても素敵v-347
薔薇とクレマチスもまた違う表情をみせてくれそうですね。

今日も幸せ、ありがとうございましたv-344

green mintさんへ

v-1詳細な条例は知りませんが、
集合住宅地になるとこのように道路が駐車場化しています。
もちろん、ガレージ付きのお家もありますよ。

イギリスの地方ではその地方特産の石で家を建築することが規則になってるそうです。
地方ごとに産出される石の色が異なるため、こちらの湖水地方は黒っぽいですよね。
ちなみにコッツウォルズ地方は
有名なハニーストーンカラーという石で作られています。
別名「蜂蜜色」。


>薔薇とクレマチスもまた違う表情をみせてくれそうですね。
green mintさんのおっしゃるとおりです!v-254v-352

それにしてもイギリスは国土の80%が農地といわれるほど
丘陵地が拓け、緑多く美しいですよね!
sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle