イギリス 中世の美しい町

6月7日 「ボートン・オン・ザ・ウォーター」
(コッツ・ウォルズ地方)
中世の町で出会った美少女


P1110348_convert_20090621223244.jpg

村の真ん中を川が流れ、三連アーチの石橋が
4つかかったリトルベニスの愛称をもつ のどかな村

P1110371_convert_20090621215032.jpg

P1110324_convert_20090621221250.jpg

こちらのティールームで友人3人とミルクティーをいただきました~

P1110375_convert_20090621214950.jpg

村の全貌をご覧ください!

P1110347_convert_20090621214830.jpg

まるで絵本から抜出たような愛らしいおとぎの国!

P1110354_convert_20090621215641.jpg

古いものは17世紀の建築!
P1110355_convert_20090621214910.jpg

あれれれ~~~?
P1110351_convert_20090621214745.jpg


P1110344_convert_20090621215231.jpg

この女の子とまた出会いました~
 もしかして・・・・・女の子は巨人?
実はここ、この村がそっくりミニチュアで再現されている「モデル・ヴィレッジ」
すべての建物、景観が9分の1のサイズで正確につくられ、
材料も実物と同じものを使用しているのです
P1110346_convert_20090621215124.jpg


コッツウォルズは3度訪れていながら、今までこの村を通り過ぎていました
「モデル・ヴィレッジ」訪問の念願が4度目にして叶いました♪

イギリスの地で童心にかえり、喜々とした楽しい時間を過ごしたevelynでした~
アップロードファイル

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます!evelynさん^^
妖精みたいな美少女に絵本から抜け出した様な
ミニチュア・・・。
植栽も美しくて素敵です。
毎回、美しいものを見せて下さりありがとうございますv-10
イギリス好きの友人がいるのでevelynさんのブログをみてねと言ったら早速遊びに来たらしくて興奮してメールがありましたv-411
ヴィクトリアンキルトに目がv-347だったようです。

以前訪れた時にスミレのハンドクリームを購入したと言っておりました。

話を聞いていたら私もイギリスに興味がでてきたのでいろいろ調べてみようかなぁなんて思っています。

今日もありがとうございました~~e-266

こんばんは☆

evelynさん、私も英語は殆ど喋れなくジェスチャーはいります^^
でも面白い事に一人でランチを食べに行った時、ボーイさんが
ジェスチャーしてくれたんです(アハハ~)
ラム肉か魚か選べるようで・・・「フィッシュ」と言って魚が泳ぐようなジェスチャーしてくれました(笑)
一人で隣のホテルに朝食へ行った時も話しかけられましたが
殆どチンプンカンプンで笑って、ごまかしました。
From Japan!!アイ キャント イングリッシュ!!

イギリスやフランスへ行くと可愛い子供さんに私も目が奪われました。この少女も凄く可愛いですね♪綺麗というべきかしらv-344
私は3歳位の男の子の写真を撮らせていただいたのですが
その子、笑顔じゃないんです^^;A 人見知り???

コッツ・ウォルズ、素敵な所ですね!!
日本にもミニチュアの建物ありますよね。
でも、この建物(村)のほうが魅力的です♪ 
リトルベニスとは!! イタリアとも繋がって素敵♪

↓沢山、漬けましたね~。美味しそうです!!
梅は焼酎で漬けたのしか飲んだ事がないのでブランデー味、
とても気になります^0^

green mintさんへ

v-1わぁ~い!
green mintさん、お友達を紹介してくださったんですね~
それもイギリス好きの!「嬉!」

薔薇とすずらんのハンドクリームは見ましたが、
すみれのハンドクリーム!?
一度でいいので手につけてみたぁい!v-10

価値観が同じ友人との旅行は感動も倍増!
ぜひぜひ、イギリスへお出かけくださいネ~
(いつの間にか、イギリス親善大使のようになりました~笑)v-290

こちらこそ、いらしてくれてありがとう!

ドルフィンさんへ

v-1>私も英語は殆ど喋れなくジェスチャーはいります^^
「殆ど」ということは・・・・「少し」話せるんですね~やっぱり!
納得です!(笑)

ドルフィンさん、イギリス思い出話をありがとうございます!
魚のくだりを呼んで思わず想像しながら笑ってしまいました~v-290
イギリス人は怏々にしてフレンドリー!
ユーモアもジェスチャーで通じますよね~
それがまた楽しくもあり!

まだまだお聞かせくださいな!

ブランデー漬けの梅酒は香りがよくてとっても美味しいです!
梅酒用ブランデーをサントリーが出しています。(¥1.480)
ホワイトリカーとお値段はあまり変わらないのでぜひお試しくださいネ!
大手スーパーか酒屋さんで入手できます~
急いで~v-355(笑)

女の子、美しい!

本当に妖精のような女の子ですね・・・。
それに、とてもステキなところ・・・。
evelynさんのブログ拝見していると、イギリス行きたくなります。
念願の「モデル・ヴィレッジ」訪れることができて、
本当に良かったですね。
evelynさんの楽しげな様子が目に浮かびます。

ステキなところ、紹介して下さって、ありがとうございました!
幸せな気持ちになりました。


meguruさんへ

v-1meguruさん、嬉しいコメントありがとうございます!

イギリスへ行く前のインフル大騒動!
ぎりぎりまで迷ってましたが、本当に決断してよかったです。
行けなかった友人には申し訳なかったですが・・・v-409

ここに集うイギリス大好きな方たちと「ヴィクトリアン・ツアー」
ができたらさぞかし楽しいことでしょうね~v-238
あっちからもこっちからも
「感嘆符」! のオンパレード!v-515v-342v-515v-501

はじめまして, evelynさん^^

おはようございます^^ とっても素敵な
お部屋ですね。 イギリスに行って来られたんですね。
可愛いコッツウォルズの街並み、 金髪の綺麗な
少女、 何をとっても素敵で絵になりますね。
イギリスの光、 キラキラきれい!
イギリスといえば、 高校の頃ロンドンにしか行ったことが
ないので、 いつか湖水地方やコッツウォルズ訪ねて
みたいです。 石鹸もお使いいただいていたみたいで
どうもありがとうございます。 ちょっとブログのジャンルは
違うと思いますが、 綺麗でエレガントなものも大好き
なのでよかったらこれからもよろしくお願いしますm(__)m^^

 

lavandeさんへ

v-1こちらこそはじめまして!
いらしてくださってとても嬉しいです!

あちこちでニアミスはしていたようですが(笑)
とうとう出会えましたネ~lavandeさんv-22

こちらこそ、このご縁を大切に、どうぞよろしくお願い致します!

v-501わぁ~!
高校の時にロンドンだなんて~v-353
青春の目でロンドンを経験されたんですね。
貴重な体験でしたね~v-515
よろしければ思い出話をお聞かせください♪

No title

こんばんは(^^)

リトルベニスの単語にドキドキ!
ず~っと前にイタリアのヴェネチアに行ったことがあるんですよ~。
すごくいい旅でした。風景も料理も最高!!
(リトルベニスってヴェネチアのことかな^^;?)

ヴェネチアはなんとなくさびしげな印象(「嘆きの橋」を見たからかもしれません^^;)でしたが、イギリスのリトルベニスはさわやかですね!

本当にヨーロッパはいいですよね~。
過去の旅を思い出してはうっとりどきどき…。
evelynさんの写真を見てはうっとりどきどき…。
いつまでも夢を見ているようですv-10

アシュラムさんへ

v-1わぁ~v-10
アシュラムさん、イタリアに行かれた事があるのですね~v-238
私、イタリアはありません。
イタリア⇒ローマ⇒「ロミオとジュリエット」をすぐに想像しちゃいます!

イギリスのリトルベニスにはゴンドラはありませんネ~(笑)

いつも遊びにきてくださりありがとう~e-266

バルコニー…

イタリア、ヴェローナのジュリエットの家のバルコニーにも行きましたよ!!
もちろんジュリエット像の右胸にも触ってきました(^^)v

触ってきたから今の生活があるのかも~♪
ご利益ありですね(^^)

アシュラムさんへ

v-1>もちろんジュリエット像の右胸にも触ってきました(^^)v

むむむむむ・・・??
ジュリエット像の右胸を触るとどんなご利益があるのですか~ ?

アシュラムさんはハネムーン?

ジュリエットは

ジュリエットの右胸を触ると幸せな結婚ができるんだそうです!
みんな触っていました~(^^)v

行ったのは20歳(学生)だったので、主人とはまだまだ出会ってもいない頃です(^^;)
主人と出合ったのはその2年後です~。

ローマのトレヴィの泉にもコインを投げてきたし、またいつか行ける!と信じているんですが…(^^;)
はたしてまたイタリアは私を呼んでくれるのでしょうか?
ふふふ…。

新婚旅行は…残念ながらいってませ~ん(^^;)

アシュラムさんへ

v-1>ジュリエットの右胸を触ると幸せな結婚ができるんだそうです!

へぇーーー!
知りませんでした!

ではでは、うちの娘もイタリアへやらねば・・・・・(苦笑)
「すべての道はローマに通じる」

大丈夫!アシュラムさん、願いは叶いますよ!v-282v-352
sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle