ヴィクトリアン時代の置物

今日はヴィクトリアン時代に流行した犬の置物を紹介しますねプードル

この置物「スタッフォード・ドッグ」といいます

P1100483_convert_20090602221551.jpg

このおとぽけ顔の犬!

対になったこの置物は「スタッフォード・ドッグ」といい、
ビクトリア時代に暖炉の上の置物として大流行したそうです。
陶磁器で有名なスタッフォードシャーで作られていたのでこの名前がつきました。
現在もイギリスのホテルや一般家庭、アンティークマーケットなどでよく見かけます。

犬種はキャバリア・キングチャールス・スパニエル。
かの有名なチャーチル首相がこよなく可愛がっていたわんちゃん。

私が買って帰ったものは高さ10センチの小さめのもの。
いろんなお顔、色柄、サイズがあります。

なんとも愛嬌があって不思議な可愛さ!と思うのはevelynだけ?
これもイギリスびいきだからかしら(笑)

両脇のシノワズリーなお皿もイギリスのアンティークショップで。
4枚あったのを全部買いました。

どれも訪れたお店の雰囲気、すべて覚えていますよ。

あ、evelynのお買い物はいたって質素です!
このドッグたち、暖炉のない我が家のピアノの上に鎮座しています~(笑)
妄想しないでね!

今日の日程
チェスターでアイアンブリッジ観光
庭園巡り ヒドコートマナーハウス

ボートン・オン・ザ・ウォーター

バイブリー村散策 (ウィリアム・モリスがイングランドでもっとも美しい村と称えた)

ストラットフォード・アポン・エイボン観光
シェイクスピアの生家探訪
ストラットフォード・アポン・エイボン(泊)

今日もいらしてくれて 感謝! ありがとう!
スポンサーサイト

テーマ : ヴィクトリアンな小物作り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

先生は今頃、風情のある街並みに溶け込んでいるのでしょうね~♪
いいなー!
先週はお天気の悪かった東京でしたが、今日は暑くて…
娘の友達一家が遊びにきたのでディズニーランドに行って来ました。
日焼けして体が火照ってどっと疲れが

先生もお疲れ出されませんように残りの旅を楽しんでくださいね
sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle