ウィリアム・モリスに魅せられて Ⅱ

ここのところ  拙ブログ、、、
開示に 30秒以上かかるのは 何故 ?
(アイフォン アプリ使用の写真のせいかな~ ?)

画素数が大きい画像は 縮小または削除してみましたが、、、
どなたかお詳しい方がいらしたら ご教示お願いしたいです ^^; 


IMG_2607+cooooo_convert_20151029234623.jpg

↑ 「BRER RABBIT」(ブレア ラビット)のパターン
(張りのあるリネン)  うさぎ わかりますか ? 

↓ クッション生地のあまり布 「ウィロー ボウ」 

MMMMMM.jpg


「アーツ&クラフツ運動」 の先駆者として

その思想とデザインで世界に影響をあたえて知られる
ウィリアム・モリス
(モリスの事は  過去ブログの
カテゴリ/「インテリア」にも 少し書いています)


その活躍期は 私の最も 興味あるヴィクトリア女王治世の 
「ヴィクトリア朝」にありました


生涯の中で
モリスの結婚生活は幸福だったのかしら?
(妻ジェーンと画家ロセッティとの複雑な関係など)・・・と
モリスに要らぬ 私情を挟んだりもする evelynであります
 
 
その生涯の中で別荘として住んだ家の一つ (16世紀の建物)
ケルムスコットマナーを 訪問したことがあります

モリスはケルムスコットに住むより 
生活の基盤はロンドンにおいており
ロンドンでの生活が長かったのです

モリス自身の作品とジェーンとの共同作品
古くも 重厚感あふれる家具調度品と 融合されていて
感嘆するばかりだったのを記憶しています

中でも 圧巻だったのはベッドカバー !

モリスがデザインしジェーンが手刺繍したものでした ! 


日本でも 今 モリスブーム 
来年のキルフェスには モリスコーナーもあるようですね



モリスのテキスタイルは イギリス映画やドラマをよく観察していると
インテリアファブリックとして よく登場しています
(私の場合 ストーリーは勿論のこと
インテリアも重視しながら見てしまいます  笑)

現在 放送中の 「トミーとタペンス」の家には数種類の
壁紙やファブリックが見られますね
 キッチンの 愛らしい壁紙は 「デイジー」です

当時は モリスのデザインをインテリアに取り入れるのが
ステイタスとして 流行しました (特権階級の人々の中で)


このブログを書いていて、、、 そういえば、、
一昔前 デパートで 
母とモリスの洋服を購入したことを 思い出しました

↓ これら 3点です 
(虫干し よろしく クロゼットからひっぱり出しました 笑)
左が 「デイジー (スーツ)」    他はブラウスです

「V&A」ミュージアムライセンス  東京ブラウスの製品
現在はリバティシャツを販売していますね


FullSizeRender+mo_convert_20151102131430.jpg


イギリスとヴィクトリア朝を愛してやまないevelyn

そ   れ  に  しても

物持ちのよい evelynですね (笑)


追記/ 母が選んで着ていたもの  わかりますか ? ふふふ


長々  最後まで 読んでいただき ありがとうございました !
お好きなお茶を どうぞ~ 




 ♪You can meke it !   See you soon. ♪   



「いらっしゃいませ」

カートSHOP は  こちらからお入り下さい
 

イヴリンのお裁縫小箱







↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1

(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 
スポンサーサイト

ステキな クリスマスを

IMG_1326+xxxxx_convert_20141221233053.jpg

今年のクリスマスのお飾りは 簡素でこれだけ・・・
置いただけ・・・・・


ドイツで買ってきたもの (木のツリーと コーンで作った羊さん)  

オランダから来た オールドチェコグラスで作られたツリー  

数年前 プレゼントで頂いた ロイヤルコペンのツリー


ベネチアングラスのトナカイさんと 7人の天使たちは(高さ2cm) 
母のコレクションだったもの

楽譜・ローソク・お花を持ち それはそれは 精巧に作られています
(我が家で転んでケガをした子もいます ^_^;)





IMG_1344+uuuuu_convert_20141221231733.jpg

 ↑ こちらのリースは 何の植物かご存知ですか?

「沖縄スズメウリ」というの   (直径 1.5~2cm ちっちゃい !)
友人のガーデンで育てたものを頂きました

緑と赤が クリスマスカラーでしょ !

どうぞ 皆さま 愉しいクリスマスをお過ごしくださいね 








「いらっしゃいませ」

※ただ今すみれのコンパクトミラー販売中です
コンパクトミラーはセール中です

カートSHOP は  こちらからお入り下さい
 

イヴリンのお裁縫小箱



 ♪See you soon♪   





↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1

(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 

W・モリスに 魅せられて♪(プチリフォーム)

W・モリス(1834~1896)  
デザイナー・テキスタイル アーティスト  詩人 政治活動家 評論家 
エコロジスト(自然主義)  そのライフスタイルに於いて 魅了される
一人です

モリスの座右の銘は  『If I can』  (もし私にできるなら)

機関車のように 走り続けた芸術家!

さて モリスの詳細は上記 W・モリス をご参照していただくとして、、


私のインテリア・・・・・ というと
あれも好き・・・
これも好き・・・

しかも 架けたり 置いたり 飾ったりが好き・・・

だから evelynの家の中は 自慢にはなりませんが
統一感なんてありません!

ごっちゃ ごちゃ

ガーデンもしかり! 内も外も 人柄が一目で分かってしまいます!  


その中でも W・モリスのデザインした 壁紙やテキスタイルも大好き!
マグカップも写していませんがあります 
あっ こたつカバーもモリスでした!

b_convert_20131209140820.jpg
↑ 赤いバッグは モリスが終の棲家として選んだ
オックスフォードはレッチレンドにある『ケルムスコット・マナー』
ハウス(1570建造 1871年 モリス入居)にて購入したバッグです
(2008年 evelyn訪問)



体調の良い 春先から 玄関周りのリフォームの話が持ち上がりました

お客様を出迎える 玄関のクロスが ボロリと 剝がれ
デイジーの爪跡で これまた剝がれのフローリング



当初は クロスの張替えだけだったのが  オットの提案もあり

幅90センチほどの吹き抜け(我が家では 筒抜けと呼んでました(笑))
をフラットな床に

また 階段上のジャロジー窓まで 手すりを乗りこえず 
掃除ができるようにとの2つのご注文

そういえば  トイレの壁紙も 薄汚れてきてる、、、

↓この 「ウィローボウ」という図柄 
モリス自宅 敷地内に流れるテムズ川の支流のにインスピレーションを得て デザインしたもの 

妻 ジェインの寝室にモリスは使いました

↓こちらの ペーパー壁紙をevelynは畏れ多くも 
 トイレに使用いたしました(右に移っているのは 肘掛デス)
依頼した 設計事務所さんイチオシの腕利きクロス職人さん

柄あわせにご苦労されたそうですが さすがです!
継ぎ目がわかりません!


g.jpg

↓ 最近は 手塗りのようなクロスがあるんですね 気に入っています

k.jpg


↓ 床材のオークの木 こちらも 壁紙とマッチしていています
c.jpg


額入りアンティークタイル(イギリス製 1930前後)
モリスの物ではないにしても モリスのデザイン・色調が似ていて 
一目ぼれで購入したものを窓辺に 

d.jpg


↓ 階段をあがった所 かつて 手すりの向こうは 1階からの
『筒抜け』でした
幅90cm  わずかのスペースが 手すりもなくなり 思いの他 広々~ 
(床材の色が変わった部分が延長分)

m.jpg

↓ そして 階段上にも 短い 廊下? これで窓の掃除もらくらく
j.jpg

↓ と 思いきや! 早速 オットの所有地に!
q.jpg

約2週間 私の気持ちも安定している時に施工してもらえて よかった!

その後 疲れて気持ちが下がるかな? と心配もありましたが
元気に 毎日 ウォーキングも励行しています!

トイレの居心地がよくなったのかしらン? 
オット トイレ時間 今までより ちよっと 長い?気がします 笑)))
腰痛持ち同士  肘掛つきにして良かったです 

新しくなると 他の場所が気になります
でも  一度には 私の心体力が 無理ですネ・・

長々 読んで頂き ありがとうございます!


♪See you soon♪
 






「いらっしゃいませ」
カートSHOP は ↓ こちらからお入り下さい 

イヴリンのお裁縫小箱




↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1

(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
 

テーマ : ヴィクトリアンな小物作り
ジャンル : 趣味・実用

真夏の夜の夢

まっしろい ダイニングで・・・・・

P1150265_convert_20100729225519.jpg

まっしろい 寝室で・・・・・

P1150263_convert_20100729225452.jpg

ときどき ブルーの寝室で・・・・・


P1150267_convert_20100729225608.jpg


アンティークなイニシャルリネンをたーーーーーくさん コレクションして・・・・・

寝食を過ごしたい 憧れのお部屋~

昨晩は 久しぶりに  が夢の中へ現れてくれて 幸せなevelynでした
(洋書「Victoria」より抜粋)


P1150266_convert_20100729225547.jpg


evelynのお気に入りのインテリア。。。。。

雑多な部屋で過ごす私の反動の表れですね!

これからも 洋書のなかから時々 紹介しますので 見てくださいネ~


今日もいらしてくださりありがとうございます!

See you~♪ 



 みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1
(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

にほんブログ村
愛するイギリスのために英会話をはじめたアラフィフ一念発起の
ドタバタ奮闘記に熱いエールを! 
↓  ↓ 
にほんブログ村 英語ブログ トラベル英会話へ
にほんブログ村

13歳と高齢のおばぁちゃんになったデイジーのつぶやき
↓  ↓犬笑しっぽB
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


テーマ : ヴィクトリアンな小物作り
ジャンル : 趣味・実用

sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle