(英) 機関車トーマスの故郷にて

  機関車トーマスの生まれ故郷  「スランゴスレン」の町

P1190392_convert_20120822221819.jpg

対岸に「スランゴスレン駅」が見えています
P1190391_convert_20120822214007.jpg

「スランゴスレン駅」
P1190396_convert_20120822212411.jpg

レトリーバーちゃん、、、お水をもらい乗車を待っています
P1190401_convert_20120822212551.jpg

貫禄いっぱいの車掌さん(駅員さん?)
P1190400_convert_20120822212700.jpg

ウェールズの森や林、、谷を越えて、、、コンウィ渓谷を走りました
P1190416_convert_20120822212020.jpg
SOoooooo---- Beautiful!!!

P1190404_convert_20120822212130.jpg

「ベルウィン駅」から石橋を望む 
P1190403_convert_20120822212105.jpg

「キャロッグ駅」に到着

P1190437_convert_20120822213246.jpg


P1190438_convert_20120822221925.jpg

パイプをくわえて一服する機関士さん 映画のワンシーンのよう   
車体はピカピカ「鏡」のように磨かれているのがわかりますね!

P1190433_convert_20120822215428.jpg

駅裏から見た操車場
P1190443_convert_20120823115415.jpg

久しぶりのイギリス紀行

蒸気機関車に乗るのは3度目
      2度ともに「湖水地方」にて



ゆっくりな速度 窓辺に流れていく蒸気の煙 

なんだか懐かしさを感じる 機関車の振動汽笛


車窓を眺めながら  機関車に揺られていると 

自分が  いつの時代に居るのかわからない
    
     そんな 不思議な錯覚にとらわれます


 心豊かに ゆっくりな時を過ごせる 「保存鉄道」

      日本の各地にも  復活しないかな



ボドナントガーデン  スードリー城  テムズ川クルーズなど 

ゆっくり ゆっくり したためていきます

いつも ご訪問下さって 本当に励みになっています 
      「アナタに」ありがとう


♪See you soon♪ 






↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1



(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


にほんブログ村
愛するイギリスのために英会話をはじめたアラフィフ一念発起の
ドタバタ奮闘記に熱いエールを! 
↓  ↓ 

にほんブログ村 英語ブログ トラベル英会話へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

(英) 世界遺産で足が、、、、!

北ウェールズにて


 世界遺産(2009年) 「ポントカサルテ」水道橋と運河から望む景色



ちなみに チェスターで「聖火」とニアミスの翌日 

私たちはこちらを 午後に訪れましたが 午前中 

こちらの 水道橋を「聖火」ランナーが通過したそうです!

またまたの アメージングなニアミス、、、
今回は聖火と女王様の追っかけ?(笑)のような旅でもありました


P1190461_convert_20120823115525.jpg



産業革命後 石炭を運ぶ為に「ナローボート」と呼ばれる

幅の狭い船が開発され 多くの運河が造られました

しかし

丘や谷など 高低差のある場所には運河の設置は難しく

そこで 考案されたのが水道橋

全長 300m  高さ約38m

1805年(完成)


船引き道を歩いて渡るところ  向こうから「ナローボート」がやって来ました

船引き道側には 「鉄柵」がありますが 水路側には何もありません

P1190462_convert_20120818214326.jpg

ポインター犬も ご機嫌そう~!(嗚呼、、君になりたい、、)
今日 ナローボート生活はイギリス人の憧れでもあるそう

P1190464_convert_20120822214927.jpg


大自然に抱かれた パノラマ!
 また 人の手によって建造された壮大な橋

そして ここを 数時間前に 「聖火」が通ったことに
  高揚感と感動を憶えながら
 
前を歩く人につられて進むevelyn

突如 視界が明るく 開けたところで


    あろうことか !   眼下を覗いて しまったのです!



「ひゃあーーーーーーーー!!!!!! 想像以上の高さーーー!!!」

足が! 脚が! 両足が! すくんで フリーズ!!!
     これ以上 前進も後退も できない!


反対方向から 自転車の人  バギーを押すママ
来ます 来ます やって来ますよ~ 

「Excuse me.」

「That's ok.」 (内心のevelynは全然 okではアリマセン)


高所恐怖症で普段 陸橋を渡るのさえ 怖々のevelyn
   絶景とスリルを愉しめる 人たちが羨ましい~

この画像は 究極の恐怖の中 薄目を開けてシャッター切りました
イギリスの地で魔法にかけられて出た勇気としか思えない行動です



どのように 引き返したか!?  皆さまのご想像におまかせします(苦笑)
(磁石のように手すりから離れない evelynの手)


P1190454_convert_20120822214452.jpg

 「土木の父」と呼ばれる トーマス・テルフォードが設計
P1190471_convert_20120822214633.jpg

絵葉書を撮影
P1200013_convert_20120822223130.jpg


♪see you soon♪ 






↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1



(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


にほんブログ村
愛するイギリスのために英会話をはじめたアラフィフ一念発起の
ドタバタ奮闘記に熱いエールを! 
↓  ↓ 

にほんブログ村 英語ブログ トラベル英会話へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

(英) チェスターでアメージング!

チェスター」の町で聖火ランナーニアミス ! 
  
オリンピック開催中に タイミングよく 更新とならず 今頃ですが、、、




  ローマ時代(今から2000年前)にさかのぼる 
       城塞都市 「チェスター」


周囲をぐるりと 城壁に囲まれた町

その面影は中世 そのままに残っています  


折りしも エリザベス女王のダイヤモンドジュピリー」の祝賀と

後 30分あまりで 聖火ランナーが通過するというタイミングに遭遇


町も人も 多いにエキサイトしていました!


P1190678_convert_20120809222246.jpg

よほど 買おうかと 迷った 「エリザベス女王さま」のフィギア
P1190666_convert_20120809225258.jpg




ディー川(River Dee)に架かる オールド ディー橋

中世は水運を利用した港町として繁栄するも
16世紀にリバプールにその地位を奪われ 中世の姿をとどめたまま残ったそう


P1190141_convert_20120809225555.jpg




聖火ランナーを待つ人々
P1190169_convert_20120815215732.jpg

TV中継もされたようです
P1190172_convert_20120809224939.jpg

イギリスっ子らしい カチューシャ!
永遠のギンガムチェックのワンピが可愛い~

P1190144_convert_20120809230110.jpg



ローマ軍に仮装?
P1190145_convert_20120809225219.jpg

この方たちは? 聖歌隊?
P1190182_convert_20120815213158.jpg

突然 目の前に現れたチャイニーズドール
P1190079_convert_20120815213104.jpg

こちらはどなたか お分かりですね
P1190181_convert_20120809223430.jpg




町のシンボル 「イースト・クロック」
ヴィクトリア女王 在位60周年の記念(1897年)

この脇の階段を昇って 城壁を歩きました (イーストゲートから)
城壁内も聖火ランナーを一目見ようとする見物人で溢れかえっておりました

P1190113_convert_20120809224102.jpg

先に見かけた仮装の人たちとは違うローマ人?orヴァイキング?
P1190131_convert_20120809225406.jpg


The Rows」(ロウズ)と呼ばれる
木組みのショッピングアーケード(ハーフティンバー様式)  
建物の上階部分がつながっています  
雨の日も 傘なしでお買物できるよう考えられたそう!


P1190119_convert_20120809224345.jpg


「ローマ庭園」
P1190130_convert_20120815213455.jpg

「ローマ円形劇場跡」

P1190127_convert_20120815212602.jpg



ワタシも城壁の中から精一杯の声援を、、、、、
でも ワタシ、、「見えないwon!」 

P1190142_convert_20120815212805.jpg


evelynも現地の人々同様 いえ それ以上に興奮したことは
言うまでもアリマセン

肝心な 聖火ランナー様ですが 城壁内をぐるっと散策している間に
通過したんだそう! (Oh my!)

ゆっくりですが またのイギリス紀行をお楽しみに~


♪see you soon♪ 






↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1



(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


にほんブログ村
愛するイギリスのために英会話をはじめたアラフィフ一念発起の
ドタバタ奮闘記に熱いエールを! 
↓  ↓ 

にほんブログ村 英語ブログ トラベル英会話へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

的中したタロット占い

暑中 お見舞い 申し上げます

P1180909_convert_20120719230200.jpg
ウェールズの風景
P1180920_convert_20120720001738.jpg

P1180910_convert_20120720001624.jpg



暑さの中にもかかわらず 
お稽古に通って来てくださる生徒さんたち!

私が いっぱい 元気もらっています  
ありがとうございます!



 P1180957_convert_20120720002652.jpg
リバプール大聖堂 (イギリス最古のゴシック建築)

英国国教会系では世界最大の大きさを誇り
国内最古のパイプオルガンがあります
  
P1180958_convert_20120720002756.jpg
外観写真はevelynの視力低下と手振れ?のためボツに
イメージ写真を拝借・・
P1190965_convert_20120721182944.jpg




 先日の記事で触れた 「タロット占い」 、、、、、
気に掛けてくださる方がいらっしゃいましたか?



単刀直入に 結果のご報告を・・・

実は 私のHP管理をしてくれている 
 二女の 「結婚する年齢」を言い当てられていました!

10数年前の占いが的中し 驚いているのは 当の本人


そして 二人の結婚は
   やはり 赤い糸で結ばれていたようです



というのも

彼と娘の誕生日が同じ! (時々聞く 偶然話、、、?)

挙式は年内 二人の誕生日に


そして・・・・・  挙式選びにて 訪問した式場で、、、
さらなる驚きが!


式場支配人さん(男性)とプランナーさん(女性)の方までが
    二人と誕生日が同じですって!?

なんという 偶然の重なりでしょうか!

これは 良く出来すぎたお話?(営業的な脚色では?) 
と疑ってしまうのも無理ありませんよね?

真実だという証拠品の 免許証まで 見せてくださったそうです


数件の候補の中 こちらの式場は無いであろうと(予算的に、、)
考えていたらしいのですが

「縁(えにし)」を感じて 挙式先はこちらでと決めたようです



寂しさは胸に去来しますが 誠実で勤勉な息子が家族に増えると思うと
やはり 喜ばしく思うevelynなのであります!
娘を選んでくれて ありがとう!


(追伸/今は亡き 占い師のS先生には 心よりご報告申し上げました)




♪see you soon♪ 






↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1



(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


にほんブログ村
愛するイギリスのために英会話をはじめたアラフィフ一念発起の
ドタバタ奮闘記に熱いエールを! 
↓  ↓ 

にほんブログ村 英語ブログ トラベル英会話へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

チャッツワース 館内

「PRIDE &  PREJUDICE」(プライドと偏見より)

P1190953_convert_20120708140011.jpg

雄大な「ピーク ディストリクト公園」の大自然の頂(ピーク)に立ち
風に吹かれる「エリザベス」(ハザセージという小さな村の近く)

P1190954_convert_20120708135948.jpg


ここより 「館内」のご案内


エリザベスがダーシーと初めて出会う
舞踏会が催された撮影場所(この階下になるようです)

今にも きぬ擦れのドレスの音が聞こえてきませんか~♪♪♪

P1180805_convert_20120709005827.jpg
P1180807_convert_20120709005622.jpg




P1180785_convert_20120622182806.jpg
↑↓ ペインテッドホールの天井画
P1180809_convert_20120622182930.jpg

P1180849_convert_20120622183123.jpg

P1180784_convert_20120622182606.jpg

左は「そり」になっていますね 
どんな「夢」を乗せて走ったのでしょう、、、過去へと思いは馳せます

P1180804_convert_20120628214102.jpg

460年近く続く 「デボンシャー公爵家のサンプラー
丁寧に ガラス入りの額装に入れられて・・・
何代も見守ってきたのでしょうね 

P1180900_convert_20120709011606.jpg


この様に イスには「チーゼル」という植物をドライしたものが置かれています
これは・・・・・座ると 「チクリ!」と痛いです^^;

P1180780_convert_20120622182717.jpg

我が家のガーデンの「チーゼル」(7/8 撮影) これから穂が長く伸びてくるところ
(Rさん 苗をありがとう~)

P1190955_convert_20120709001217.jpg

P1180841_convert_20120628214833.jpg

儀式用応接間
P1180826_convert_20120628214622.jpg

陶器陳列室(掲載しきれません)
P1180834_convert_20120710010953.jpg

P1180860_convert_20120628220127.jpg
衣装部屋の再現
P1180861_convert_20120628220322.jpg

一体 ベッドルームの数たるや、、、、、
P1180862_convert_20120628220409.jpgP1180858_convert_20120628220050.jpg


P1180832_convert_20120709010033.jpg

こちらのベッドルームの壁紙・・・・・「しおり」になってましたね
P1180870_convert_20120709011247.jpg

この 幾重にも垂れる美しいドレープの天蓋!
P1180865_convert_20120709010734.jpg

P1180866_convert_20120709010839.jpg

窓辺から望む 景色  カスケードが見えます

P1180869_convert_20120624235808.jpg


P1180855_convert_20120709010344.jpg

P1180873_convert_20120709010218.jpg

グレート ダイニングルーム
P1180875_convert_20120709010938.jpg


彫刻の間 「Sculptur Gallery」 にて 
「エリザベス」がダーシーの彫刻を見つける撮影場所
(ダーシー所有のペンバリー邸宅として)


P1180881_convert_20120629005431.jpg


ロングギャラリー
コレクションも先代の趣味それぞれ、、、とにかく圧倒です!

P1180844_convert_20120709010135.jpg

レストラン 元馬小屋(厩舎) (!) だった建物にて下のランチを頂きました 
P1180899_convert_20120628222043.jpg

チキン ベイクウェルプディング (美味しかった~)
P1180901_convert_20120709011951.jpgP1180902_convert_20120709012033.jpg

P1180874_convert_20120625000020.jpg




椅子フェチevelynの見た イス 椅子 いすの数々!
P1180846_convert_20120628215026.jpgP1180780_convert_20120628213443.jpg
P1180853_convert_20120628215309.jpgP1180840_convert_20120628214920.jpg
P1180820_convert_20120628215651.jpgP1180877_convert_20120628214231.jpg


P1180884_convert_20120628220229.jpg



巨大なオランジュリー(オレンジを育てる温室)も塀の一部というから
驚きです!

P1180893_convert_20120625011018.jpg
 
おまけ写真デス(笑)  トイレの壁のタイルも素敵! 
P1180886_convert_20120709011420.jpg




♪see you soon♪ 






↓ みなさまからあたたかなハートらぶを頂いています!
クリックいただけると励みになります!jumee☆thanks1



(恥ずかしながら・・・表情13参加させていただいております)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


にほんブログ村
愛するイギリスのために英会話をはじめたアラフィフ一念発起の
ドタバタ奮闘記に熱いエールを! 
↓  ↓ 

にほんブログ村 英語ブログ トラベル英会話へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

sidetitle日本語→英語 自動翻訳sidetitle
English
♥. ♠. ♣Alice
sidetitleプロフィールsidetitle

evelyn

Author:evelyn
英国1800年代のヴィクトリア朝の繊細な手仕事や時代背景に興味と憧れを持っています。

43歳の時、脳腫瘍(良性)にて倒れ手術。
(要脳ドックのススメ)

2002年初めて訪れたイギリスのカントリーサイドに魅了され、以来5回の渡英。

他、趣味ガーデニング(E&O/Rose)O型*うお座*

sidetitle人生が輝き出す名言集sidetitle


presented by 地球の名言
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle